OFFICIAL SNS
BLOG
  • HOME
  • ブログ
  • リフォームを考えているシニア世代の方へ!「建て替え・住み替え」で“家じまいを次の世代に残さない選択”はいかがですか?

リフォームを考えているシニア世代の方へ!「建て替え・住み替え」で“家じまいを次の世代に残さない選択”はいかがですか?

「冬、足元が冷えてつらい」
「老朽化がひどい」
「広すぎる家と家財を、そのまま子供に残していいのか‥」など

今の住まい、困っていませんか?

先送りにするほど負担が増えます!

【シニア世代がリフォームを考える理由】
1.今の住まいの劣化が進み、大規模リフォームが必要になった
2.子どもが独立し、家で暮らすのが夫婦二人だけになった
3.足腰に不安が‥今のうちに過ごしやすい暮らしの見直し

リフォームも一つの手段ですが、

「建て替え・住み替え」はいかがですか?  おすすめはコレ!

こじんまり参考プラン:2LDK 1430万円(税込)

延べ床面積=65.01㎡(19.66坪) 想定家族=ご夫婦(シニア世代)
仕様:サイディング・クロス・キッチン2400・浴室1616
※+200万円アップで漆喰など上質な仕様に変更できます

間取りの変更も可能です!!


間取りは自由設計!
家相・地震を考慮した家具の固定・子供の成長を刻んだ柱の移築など
ご相談下さい
【こじんまり生活の3つのイイところ
1.生活費削減のため、住まいにかかる費用を圧縮できる
2.家事や生活そのものがラクになる
3.ヒートショックや段差のつまずきの心配がなくなった

【施工例】敷地120坪の半分を売却し、ダウンサイジングした17坪の家




安心につながる「住まい」と健康寿命

ひとつの目安として1981年(昭和56年)6月1日以降の家は新耐震基準で建てられています
これは1978年(昭和53)年6月12日に発生した宮城県沖地震をふまえて改正されたものです。
少なくとも宮城県沖地震より前の建物を耐震リフォームする場合は、費用が高くなることに注意です。
またその頃の基礎は布基礎が主流で床下部分は、地面がむき出しになっていることも少なくありません。
この場合地面の湿気や冷気が建物へ伝わりやすくなり、木材の腐食やシロアリ被害のリスクが高まったり、
家の中が寒いと、免疫力が低下したりアレルギーの発症リスクが上がったりと、健康へのデメリットも考えられます。
特に冬の家での低温が健康に及ぼす影響は甚大で、心臓や血管の疾患が起こるヒートショックは、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります
また、バリアフリーは段差をなくし手すりを取り付けるなど、生活動作の補助となる設備を整えることで、日常生活が無理なく、スムーズに行えるようになります。

「家じまい」を知っていますか?

「家じまい」とは、自宅を子供・孫の世代へと引き継ぐのではなく、自分の代で手放し処分することをいいます。

親にしかできないこと。それは「捨てる」という作業。
親が亡くなった後の家の片付けで「捨てる」ことは、子供にとってとても辛い作業です。
親と一緒に過ごした暮らしそのもの
それは全てが子供にとって思い出の詰まった「形見」です。
しかし、この「形見」。
「親の形見を処分する罪悪感」は子供なら誰しも感じることであり、これが次の「子供がする家じまい」に大きな障害となっています。
「次の世代へ残して行きたいモノ(形見)」と子供たちにとって処分に困る「捨てられない形見(ゴミ)」の仕分けを出来るだけ少なくしてあげることが「親にしかできない」子供にとってはありがたいことなのです。
相続時に「空き家」となった場合、換気など定期的な管理を怠ると家そのものの劣化が早まります。
放置期間が長引くけば、地震や台風などの自然災害で倒壊してしまうリスクが高まり、通行人などに被害が及ぶような事故も起こりかねません。
もし増築を繰り返し、今は使わなくなった部屋に多くの荷物が残されている等、
今後も次々とリフォームが必要なら、「建て替え・住み替え」もぜひご検討下さい

ご相談はお電話かHPお問い合わせでどうぞ

お電話はこちら tel:0245233981(水曜定休)

↓こちらもどうぞ(^_-)-☆
実例付き!30坪以下でも広く感じる家

MODELHOUSE

モデルハウスで
無添加あいの家を体験しませんか?

来たら分かる、漆喰や自然素材による心地よい空間。
家族の健康を守る設計工夫を体感してください。