施工例から分かる!平屋と2階建てのイイトコ取り「平屋ベースの家」

カテゴリー:
必要なものをシンプルにまとめることで生活がワンフロアで完結し、
家族とのコミュニケーションが高まる「平屋」

土地の有効活用がしやすく平屋よりは低コストであり、
縦の動線が大好きな子どもにとって冒険したくなる「2階建て」

それぞれの良さを合わせた「2階建てなのに平屋のような暮らし」を施工例からご紹介いたします

これがいい!!「平屋ベース」の良さ

●土地の有効活用
必要な居室や水回りを全てワンフロアでまとめ、さらに駐車台数や外倉庫の必要性を考慮すると、土地の広さが気になります。
単純に建坪30坪の家で駐車台数を2台とするなら、土地の面積は最低50坪ぐらいは必要となりますが、接道道路の位置、日光を取り入れる、プライバシーを守るなども加味すると、ギリギリの土地面積ではなかなか理想の住宅を建てるのが難しいかもしれません。他にも法令上の制限(建ぺい率)も考えられます。
土地の面積に合わせ、最低限必要な部屋のみを1階にまとめることで、理想に近い平屋の使い方を提案します。

●外と中の距離が近い
主な部屋が地面と近いため、ガーデニングやBBQなど家キャンプを楽しむ機会が出来たり、自然と家族が集まれる空間を中心につくることで、「一緒に」遊ぶ。「一緒に」作る。「一緒に」楽しむなど、「家族と過ごす時間」が増えるような仕掛けができます。

●安心して長く暮らす
初めから主寝室を1階に計画することで、高齢になった時に1階に寝室を増築したり、ワンフロアの便利さからマンションへの住み替えなどを考える必要がなく、また生活動線がシンプルなため、掃除や洗濯など毎日の家事動線が楽になります。さらに、将来子供が独立した時に、介護のために両親との同居が決まったとしても、自分たちが子供部屋に移動することで、リフォームせず長く暮らすことができます。
そして2階の子供部屋や趣味部屋、納戸の計画は、浸水や土砂崩れなど災害が起きた時、荷物の移動や避難などに備えることもできます。近年、福島市も阿武隈川、荒川、松川の3河川の想定し得る最大規模の降雨を前提に、洪水ハザードマップの更新を行っています。災害に関しては極端な例ですが、平時から災害に対する備えとハザードマップはぜひ気にしていただきたいです。

施工例から分かる!イイトコ取り

【見た目は平屋 基準法上2階建て】2011 Oさま邸 喜多方市

寝室と将来2部屋に分ける事ができる子供部屋を1階にまとめ、2階は収納スペースと秘密基地のようなくつろぎのスペースを計画。2階の収納スペースは季節外の衣服やキャンプ用品を収納したいため計画。屋内ウッドデッキからハシゴで上れるロフトも、秘密基地につながる設計



↑リビング吹き抜けのくつろぎのスペース 奥の扉が屋内ウッドデッキのロフトに通ずる

 

【平屋ベースのガレージハウス】2013 Hさま邸 福島市松川

1階は浴室近くに主寝室を計画。ウォークインクローゼットを廊下側に配置することで、洗濯動線も身支度も楽になる設計。
2階は2人の息子さんとご主人のための子供部屋と趣味部屋(ガンダム&ワンピース)


↑マンガやゲーム、ご主人自慢の塗装ガンダムが並ぶ 通称“ザ・男部屋”

【外観のデザインにもこだわった“大好きに囲まれた家”】2015 Sさま邸 福島市飯坂

回廊型の便利な動線と薪ストーブの暖かさが家全体を包むこだわりの家。道路沿いの角地にあるため、どの方向から見てもデザイン性が感じられる外観に仕上げた。薪ストーブのための薪小屋とそれに合わせた外倉庫、自転車小屋も設計。今では施主自身が手掛けた芝や木々が映え、見た目だけでなく庭での楽しみも魅力のひとつとなっている。



↑1階は奥様の“大好き”で、2階に子供部屋とご主人のギターや小物など“大好き”に囲まれた空間

 

【愛犬と暮らす家】2015 Tさま邸 福島市

ドックランの庭からワンちゃんスペースのある土間に通ずるリビングには、ワンちゃん専用の食事スペースや、1階の主寝室側から入れる階段下の隠れスペース(ワンちゃんが苦手なお客様が来た時に一時避難する場所)を設計。土間にはグルーミング用品やおやつ、シートを収納する専用棚も設計。



↑2階の各子供部屋に面するホールをスタディールームに計画 奥は納戸スペース

【アメリカンテイストのガレージハウス】2020 Kさま邸 福島市

夫婦それぞれの趣味を楽しむための家。200坪の広い敷地をガーデニングや畑、子どもの遊びスペースへと広げていく計画。子供部屋しかない2階はセミオープンタイプで、いつでも家族の声や姿が見えるコミュニケーションを重視した間取り。

【約28坪の平屋ベースの家】2020 Oさま邸 福島市

将来の自分たちの生活と屋根裏部屋風の子供部屋を楽しむ家。ソファーを必要としないリビングと、小上がりのダイニングは開放的な勾配天井によってその狭さは感じさせず、逆にリビング収納や玄関につながるパントリーなど、収納スペースの広さとコンパクトな動線をバランスよく設計

どの施工例も開放感のあるリビングを中心に、くつろぎとコンパクトで暮らしやすい生活動線を考慮した家です。家族の絆が深まる「つながりのある空間」を大切にしつつ、趣味や特別感を楽しめるのも「平屋ベース」の特徴です。

オススメ記事

【現場ライブ】200坪の敷地に建つ、平屋ベースの「ガレージハウス」(福島市)

【現場ライブ】屋根裏部屋が楽しい!「平屋ベースの家」