カラダにやさしい“自然素材の壁紙”でつくる家

【新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い4/18・19内覧会の開催を中止した物件です】
この度の新型コロナウィルス感染症の事態の甚大さに心を痛めております。大変な状況に不安な日々が続きますが、体調を崩されませんようご自愛下さい。

家を建てた方/M様邸(福島市上名倉)
家族構成/夫婦、子ども2人
延床面積/29.22坪

“自然素材でココロとカラダにやさしい家”をコンセプトに、天然の木材や断熱材、漆喰といった建材を標準仕様とした家づくりを手がけてきました。そんなあいの家から、新たに「自然素材でできた壁紙」を作った家づくりを提案します。シックハウスによるアレルギーを抑え、住む人の健康を守る新しい建材です。「漆喰もいいけれどコストを抑えたい」「真っ白もステキだけど色を楽しみたい」‥そんな方にオススメです。

施主様インタビュー

なぜ「あいの家」を選びましたか?

はじめて渡利の展示場に行ったとき、夫も私も一目で気に入りました。可愛くてあたたかみがあって、スタッフさんが気さくで話しやすく、そんなアットホームな雰囲気に親近感が沸き、「この人たちにお願いすれば安心」と決めました。

自然素材の壁紙を選んだポイントは?

漆喰ももちろんいいいのですが、娘たちがまた小さいので、壁を汚したり何かをぶつけて欠けたりするのがちょっと気になっていました。すると社長さんが自然素材の壁紙を提案してくれたんです。おかげでコストも抑えることができました。感謝してもしきれません。色も選べると言われたのですが、信頼しているプロの設計士さんにお任せして、我が家に合う色を選んでもらえました。

新しい我が家でどんな暮らしがしたいですか?

私たちや子供たちの友人や家族を招いて「ホームパーティ」がしたいです。たくさんの人たちと集まる機会が多く、いつも楽しく過ごせる暮らしが理想ですね。娘も「クッキーを焼きたい」と言っているので、母娘で張り切ってゲストをおもてなししたいです。

色を楽しむ生活

玄関の正面の壁は照明の色と合わせたブルーのアースカラーでお出迎え。奥がキッチンにつながる玄関収納とパントリー。

一階のドアはブルーに統一。入ってすぐに9.5帖のリビングと4.7帖の広いキッチンがあります。

キッチンの一面を明るいオレンジ色とし、IHヒーターまわりのタイルがアクセントになっています。ドアの奥が玄関につながるパントリーです。

小上がりの和室前の壁にかわいいニッチをつけました。グリーンの壁がアイポイント(^^♪


廊下の奥が洗面・トイレ・脱衣室になります。奥様こだわりのグリーンのモザイクタイルに合わせて照明や壁紙を決めました

階段の壁は壁掛けのTVの下地が入っています。TV台がないので広くスッキリします。階段は木製の手すりとブルーグレーの壁で落ち着いた西洋風の雰囲気に仕上げました。

二階の子供部屋は女の子のお部屋になるので明るいオレンジとしました

ベランダ前にファミリークローゼットがあります。ベランダで乾かした洗濯物を、ハンガーにかけたままクローゼットにすぐ収納できて便利です。

↓動画もご覧ください
https://youtu.be/T0PyFGrm6Cg