【現場ライブ】洗濯動線を快適に!ユーティリティーとカバードポーチのある家(保原)

カテゴリー:

玄関からリビングへカバードポーチがつづくかわいいお家です。特にキッチン周りは、友人を囲んで料理教室を行うということで、備え付けのガスコンロはなく、卓上のIHを移動させながら料理をするキッチンです。パントリーも広く、機能性とかわいらしさを合わせ持つ計画になっています。
洗濯動線は、脱衣・浴室近くに室内物干しのユーティリティーとウォークインクローゼットを計画。洋服が集約されてとても便利です!

カバードポーチのある家/A様邸(保原)
家族構成/夫婦+子供1人
延床面積/32.93坪
完成予定/2021.8

【ユーティリティー(ランドリールーム)】
洗面所(廊下側)と脱衣室が分かれている間取りです。設計時、脱衣室の隣がユーティリティでしたが、奥のウォークインクローゼットと位置を変更しました。
こういった変更に対応できるのも弊社の強みです!!!(変更可能な時期で良かった!!)

↓ユーティリティからウォークインクローゼットを見た写真

↓ユーティリティ(隣が階段となっている場所にガラスブロックをはめ込みました)

【2021.7.15現場状況】
木工事も終盤です。後棚を付けたり、今日はキッチンを組み立てしました。
今回はガスコンロがない特殊なキッチンです。
天板はシンクと水栓しかないので、スッキリ広く見えます。
来週末からは内装屋さんが入ってくる予定です。色などの打ち合わせも現場で施主様と進めていきます。
↓ユーティリティにハメたガラスブロックが階段側のアクセントデザインになっています


【2021.7.5現場状況】
天井や壁一面にウール断熱材を隙間なく充填しています。この漆喰壁の内側に入るウール断熱が、より湿気の吸湿効果を高め、内部のカビの発生や腐りを防いでくれます。


床材も合わせて張っていきます。ニュージーパインの無垢材を使用した床材になります。木目を美しく引き出し、足触りを心地よくした無垢床材です。傷や汚れがついても、表面を研磨したり、オイル塗布したりすることで何度でも美しさが蘇り、愛着を持って一生付き合えます。

【2021.5.31上棟式】
上棟式を執り行いました
ソファーやダイニングテーブルの位置も細かく決めて、キッチンにはかわいいママスペースもあります