平屋で暮らす家!

カテゴリー:
階段がなくコンパクトな平屋は近年人気です。大きな収納スペースやバリアフリーも特長的で、生活動線を考え抜いた四人家族+和室のある平屋住宅です

2020.1.11追記

内部の棚やニッチなど、細かい打ち合わせをしました。照明器具やスイッチ位置なども現場で最終決定していくので、家全体のイメージがしやすく家電や洋服・ストック類などの位置や収納量、カーテン・家具など、より「自分の家」を一緒に建てていく感が高まります!!!!!半円のダイニングテーブルも造作予定。ご主人はほぼ毎日通っていただいています。職人さんとも気軽に話ができるのが「あいの家」の特徴のひとつです。

2019.11.25追記

内部のボリュームが見えてきました。

大工曰く「これは平屋の大きさじゃない!」

どこまでも広げられるロフト空間。基準法もあるので高さや広さなど、楽しい妄想が膨らみますヽ(*´∀`)ノ

今日は照明をどうするかを考えてきました。リビング・ダイングは上り梁なので、特に広さを感じる空間。どんな照明が合うか、暗くないか、ゆったりできるいい雰囲気になるか‥腕の見せどころです!!!

 

2019.11.7追記

上棟式です。夕方からだったので日が落ちるのが早く、祝詞が読みにくくなるくらいあっという間に暗くなってしましました。
特に庭から見たデザインを意識した平屋ですが、施主さまにもその外観を気に入っていただき嬉しく思います。リビングからも和室からも出入りできる広いコンクリートデッキがご主人の自慢です!!

2019.10.19追記

配筋検査です何事もなく無事に検査は完了、次の日に基礎のコンクリートを打設予定です。
今回は平屋の為に、基礎の大きさが大きく感じました。
柱など建てて立体的になるともっとボリュームが出て大きく感じると思います。
建物の位置を道路からと隣地からの離れ、家からの眺めなどを現地で何度も打合せし
て実際に車など入れたり、今回は建て替えで、お客さんが近くに仮住まいしているので、小まめに打合せしたり、家造りをとても楽しんでます  レポート:山川

2019.9.10 家族4人で暮らす平屋の家が始まります!

平屋の家を希望される方は多いです。当然ながら総二階建ての30坪(15坪×2F)と平屋の30坪では坪単価が違います。それは屋根や基礎などの面積が(平屋の方が総二階建てより)倍大きいからです。

敷地も広く必要となるなど、諸事情により断念される方は多いです。Sさまも様々な話し合いを重ねて、ようやくこの度地鎮祭を執り行うことができました。

お子さんの部屋も二つに分け、和室も計画しています。ご主人の楽しみはオープンクローゼットから上がるロフト空間。リビングダイニングに面するご主人のお気に入りの空間です。現場ライブとしてこのブログに完成まで書き加えたいと思いますので、ぜひ楽しんでご覧下さいヽ(´▽`)/