家事がスムーズにできる、3人暮らしのコンパクトなおうち。

家を建てた方/Y様(伊達郡国見町)
家族構成/夫婦、子ども1人
延床面積/27.1坪

国見町のS様邸は、2LDK+書斎のコンパクトな住まいです。ひとつひとつ表情の異なる照明やニッチに飾られた小物たちがとってもおしゃれ。インテリアにとてもこだわっていて、施主さんの好きなものに囲まれた空間です。家事動線もスムーズで、特に洗濯物は洗って・干して・しまう、の作業が移動せずに楽にできてしまう工夫も。
家族の暮らし方に向き合って考えた、心地よいおうちです。

インタビュー

どんな家にしたいと考えていましたか?

もともと、一軒家を建てるとしてもそんなに大きな家じゃなく、家族が暮らすのにちょうどいいサイズ、できるだけコンパクトな家を望んでいました。

あいの家で建てようと思ったきっかけは?

外国風のおしゃれな家を建てたかったので、自分たちのイメージに合いそうな会社を探しました。見学会やモデルハウスをいくつか見た中で、夫と私の意見が合ったのは、ココだけ。見るものすべてが素敵で、心がときめきました(笑)。

こだわった・工夫したところは?

洗濯物って家事の中で一番大変だなって思っていたんです。洗濯して、干して、乾いたら取り込んでたたんで、それぞれの部屋に片付ける…。とても時間がかかりますよね。2階に運ぶのも面倒なので、うちは、洗濯スペースの脇に、家族共有のクローゼットを作りました。このおかげで洗濯がとっても楽になりましたよ。朝の支度もみんなここで済むから、2階に上がったり降りたりすることもなく、本当に便利です。

あいの家で良かったなと思うところは?

実際に住んでみると、からっとした空気がすがすがしいですね。漆喰と無垢の木でできた自然素材の家って、こんなに気持ちが良いんだ!と実感しています。朝起きたときが一番気持ちが良いので、毎日がとても幸せです。

これから楽しみにしていることは?

可愛い家ができたので、モノも大切にする暮らしがしたいです。ずっと愛用できる日用品だったり、空間を彩る小物だったり、そういうモノを少しずつ集めて、「ていねいな暮らし」をしていきたいと思っています。

担当者からの一言

コンパクトながらも機能性や趣味の部屋など、生活スタイルに合わせたこだわりがギュッとつまったお家です。
愛車とおそろいのミントグリーン色の勝手口。ともすれば冒険的なカラーの提案を喜んでいただいたり、ウェーブのホールの手すり、トイレの手洗いのデザインなど見た目にも楽しげな空間があちこちに。
「外には洗濯物を干さない」という要望から脱衣室のウォークインクローゼット、引き出し飛び出る(!?)アイロン台、室内物干し場など様々な工夫を形にすることができました。
夫婦それぞれの書斎も3帖近くあり狭さを感じさせないお家です。