アレルギーやシックハウスで悩んでいる方へ

カテゴリー:

あいの家は自然素材でつくる家です

あいの家が提案する健康で安心できる家とは
「有害物質」を発生させない、たまらせない
「湿気をコントロール」することで室内の空気をきれいに保つ家です

シックハウスとは環境問題ではなく「家」が原因と考えられる病気です。濃度の高い化学物質のある空間で、長時間暮らすとカラダに影響がでます。もちろん家だけの問題ではありませんが、疲れた体を癒し、家族全員の集まる「家」だからこそ健康で安心できる場所でありたいと思っています。

高気密のメリット・デメリットは…?

近年の家の性能はシックハウスの発症を助長しています。高気密の家は冷暖房の効きがよく、騒音も遮断しとても快適です。その反面、すきま風の起こらない高気密の家だからこそ換気性が低く、有害物質がたまりやすくなってしまいます。魔法瓶のように家全体を包むことで、湿気が見えない壁の内側にまで入り込み結露が発生します。そうならないよう今は24時間換気扇が法律で定められて強制的に換気するようになっています。

湿気がなぜ悪いのか?…?

湿気は見えない壁の内側に入り込み長時間続くと内部結露を起こします。そして長く続くことでカビが発生します。そのカビは胞子を飛散させ、その胞子を吸い込むことで喘息になるだけでなく、胞子はエサとなりダニが発生し、皮膚に触れたり吸い込むことでハウスダストのアレルギー疾患の原因になると言われています。

湿気 → カビ・ダニの発生 →アレルギー疾患・喘息の原因

 

 

あいの家ではどうしているの…?

1.あいの家はまずアレルギーの原因となる材料を使用しません
 →漆喰、ウール100%断熱材、無垢材の使用
2.機械換気で強引に湿気を逃がすのではなく、自然素材が持つ呼吸性を重視しています
 家全体を包む漆喰やウール断熱材は調湿機能が優れているだけでなく、空気中のホルムアルデヒドや化学物質を吸着して人への害を防ぎます。また建具や無垢材には自然健康塗料を使用することで、木の呼吸を妨げないようにしています。

あいの家は自然素材でつくる家です

ポイントは
「家の呼吸性」「湿気のコントロール」「安心の素材」です